月2回以上のゴルフならゴルフ会員権はあり

ゴルファーにゴルフ会員権のすすめ
月に1回くらいのゴルファーなら「ゴルフ会員権」は必要ないです。例えると、ゴルフ会員権の購入金額が100万円だとします。月に1回のゴルフなら、年間で12回のプレーになります。ゴルフ会員権を所有すると、毎回のゴルフで1万円得するメリットがあると仮定すれば、約9年弱くらいで元を取る形になります。ですからこの計算で考えると、月1ゴルファーの方にはいらないアイテムとなります。逆に月2回以上のゴルファーなら購入を考えたほうがお得かもしれません。ゴルフ会員権を所有するゴルフはプレーすればするだけお得になるようなことを載せましたが、購入額プラス維持費などの諸経費も掛かります。ゴルフ会員権はゴルファーなら誰もが手にしたいアイテムですが、現実問題として難しいものなのです。

名門ゴルフ倶楽部のすすめ

ゴルフ会員権をどうせ持つなら「名門」を選びませんか?本気でゴルフに取り組む方は、ゴルフ倶楽部の会員メンバーになる方が多いと言われています。このゴルフ場の会員には、いろんなメリットが発生するので人気でもあります。そして、このメリットは名門のゴルフ倶楽部になればなるほど、その特権はセレブクラスの扱いになります。名門のゴルフ倶楽部でのVIP待遇は、コースの素晴らしさが感じられてスタッフからの扱いも好待遇です。心地よい気分は半端なものではありません。それなりに高額にはなりますが、どうせならハイクラスの物をとおすすめしているのです。これからゴルフ会員権を購入したいとお考え中の方は、名門ゴルフ倶楽部のゴルフ会員権をチェックしてみましょう。

バブル経済時のゴルフ会員権について

その昔、ゴルフ会員権がとても高額なものだったことをご存知でしょうか?約30年ほど昔の話です。時代は80年代後半のバブル経済真っ只中、ゴルフ会員権は相当価値あるものだったのです。今のようにインターネットの専門サイトはない時代で、ゴルフ専門雑誌などでゴルフ会員権の相場を確認していたのです。覚えている額面で数千万以上する金額を記憶しています。ですから、当時のゴルフ会員権というものは、一般人にはまったく眼中にないものでした。上を見れば億クラスの会員権もあったものです。そして日本経済にも様々な紆余曲折があり、現在のような景気になりました。今では、ゴルフ会員権はお求め安い価格になっています。
バブル時代は、会員権が1億円を超した