筋力トレーニングは下半身や体幹が中心

ゴルフに必要な筋肉を鍛えて飛距離アップさせましょう
ドライバーの飛距離を伸ばすためには、筋力トレーニングが必要です。
これまで、ゴルフというスポーツに筋肉はそれほど必要ないと言われていましたが、最近ではプロゴルファーが飛距離を伸ばすために下半身や体幹を鍛えるトレーニングを取り入れるほど、筋力アップは重要視されています。

ゴルファーの中には、飛距離を伸ばすために様々な練習方法を取り入れて努力を重ねている人が多いかと思います。
いくら練習しても飛距離が伸びずに悩んでいるなら、それは筋力不足が原因かもしれません。
地味な筋力トレーニングが大好きという人はほとんどいないでしょうが、飛距離を伸ばすためにトレーニングをはじめれば、これまで悩んでいたことが嘘のように飛距離がアップしますので、ここで紹介する筋力トレーニング方法を是非お試しください。

基本的に飛距離を伸ばすための筋力トレーニングは、下半身や体幹を鍛えることが中心です。
この2点を重点的に鍛えれば、スイング時に瞬発力が生まれて飛距離が伸びます。

まずは下半身のトレーニングからはじめましょう。
ドライバーの飛距離を伸ばすために一番重要となるのが下半身の強化です。
下半身の強化ポイントは、お尻と太ももです。
この2つの部位の筋肉は、バックスイングのパワーを受け止め、スイングの時に腰を回転させ地面からのパワーを体に伝えるために欠かせない重要な筋肉です。
下半身の強化トレーニングなら、一般的なスクワット運動がおすすめです。

続いては腹筋です。
バックスイングに生じる上半身と下半身のねじれをダウンスイングで引き戻すときに働くのが腹筋です。
腹筋がしっかり鍛えられてないと、スイング時の前かがみ姿勢が維持できずにミスショットに繋がります。
腹筋を鍛える場合のおすすめトレーニング方法は、仰向けになり両腕を後頭部で組んで膝の高さを上げ、ゆっくり上半身をひねり起こしながら反対側の肘と膝が触れるようにトレーニングをしましょう。

体幹をしっかり鍛えればパワーが発揮しやすい

体幹を鍛えるならバランスボールがおすすめ
今アスリートの間では、パフォーマンスの向上や怪我予防のために体幹トレーニングが積極的に取り入れられています。

体幹とは、胴体周りにある部位を指しています。
体幹は、腹腔という体内にある内臓を取り囲んでいて、横隔膜、骨盤底筋郡、多裂筋、腹横筋とあり内臓の上下とお腹周りに存在しています。
この4つの筋肉は、目に見えずその働きもわかりづらいため、意識しづらい部位ですが、実は人間が運動したり、息を吸ったり、姿勢を保つためにはこれらの筋肉が重要な働きをしています。
これらはゴルフだけではなく、スポーツ全般における性能の向上や、怪我防止のために欠かせない筋肉です。

体幹を鍛えると体がパワーを発揮しやすくなります。
人間のパワーは筋肉が生み出し、その生み出したパワーを効率的に伝えてスムーズな動きに変えるためには、体幹がしっかりしていなければなりません。
体幹を鍛えて強化すると捻転の我慢ができるようになり、タメが作れます。その結果、スイングが良くなり、ヘッド速度や飛距離アップに繋がります。
スイングが良くなる体幹トレーニング

ゴルフは体の軸が大切なスポーツです。
具体的には、力み過ぎず無駄な力を伝えないスイングを身に付けなければなりません。
体全体や手足に力が入り過ぎるとフォームがぶれてしまい、毎回違うスイングになり向上が望めません。
体幹をしっかり鍛えれば、体の軸がぶれなくなり効率の良い動きとなって自然と力に頼らないスイングができるようになります。

体幹を鍛えると自分が持つパワーを最大限に引き出せるようになります。
ここからは、自宅で簡単にできる体幹トレーニング方法をご紹介します。

体幹を鍛えるために「バランスボール」はおすすめです。
ダイエットのために購入して、数回使って今では部屋のオブジェになったという人が多いのではないでしょうか?あのアイテムは、かなり体幹トレーニングに役立ちます。

バランスボールをお持ちでない方のために選び方をアドバイスします。
サイズは、バランスボールに座ってみて膝が90度の角度で座れるものがベストで、強度が高いものを選びましょう。数千円も出せば耐久性の高いバランスボールが買えます。

まずは簡単なトレーニング方法から。
仰向けになり、両足の間にバランスボールを挟みます。
足を伸ばした状態でゆっくりバランスボールを持ち上げ、90度の状態のまま限界までキープします。
限界まで達したら、そのままゆっくりとバランスボールを下ろします。
これを10回5セット、毎日行いましょう。これは直筋と腹斜筋が鍛えられます。

バランスボールは、平行感覚を鍛えるためにとても役立つアイテムです。
ですから、その不安定さを活かしてバランスボールの上に座りスイング練習もありですし、ただ座っているだけでも体幹が鍛えられます。
また、背中を反るように乗ったりしてストレッチにも有効活用できます。
体幹を鍛えるなら、バランスボールからはじめてみませんか。おすすめです。